Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-03-25

大まかに言って Chris Busby氏(ECRRの科学委員)のガン発症上積み2011.3.30ごろのCancer excess予測値 約42万件は ICRPの約6千2百件より 70倍(≒約百倍)ほど つまり二桁ほど多そう。

07:46

この項は、Chris Busby による  30th March 2011 予測。 福島第一200km圏の2061年までのガンは・・・ 純増は? - 核 - nukeのつづき。

例のフタケタだが、

ECRRICRPの差に そのぐらいの開きが あるのかもしれない。

ガンの発症件数(純増分?)

  • (ちょっと疑問。同一人物に複数個所発症でもそれぞれカウントされるのかな?どうなんだ?)
予測法    最初の10年の余分なガン発症件数 五十年後の2061年までの余分なガン発症累積件数
トンデル法 224223件
  • 1F線央~100km圏:103,329件/人口330万人
  • 100~200km圏:120,894件/人口780万人
(最初の10年の倍として 448446)
ECRR勧告 重み付け要素からの帰結50年後までの半分として 208304.5(訳注値を採用)416,609(訳注より)
  • 0~100kmの円内で191,986件
  • 100~200km圏:224,623件
ICRPの方法(50年後までの半分ぐらいとして 3079)余分なガン発症 6158
(Before福一以前50年間のガン発症は250万件程度)
安間 武氏の訳文(原文はhttp://www.llrc.org/fukushima/subtopic/fukushimariskcalc2013.htmかな、)でみると、
訳:安間 武 (化学物質問題市民研究会) 掲載日:2011年4月10日 更新日:2011年5月10日
”トンデル”法は、スウェーデン北部でマーチン・トンデル博士により実施された控え目な研究に基づくものである。 住民がそこに住み続け避難しないと仮定するなら、”トンデル”法によるがん発症件数の合計は10年間で224,223件となる。
第2の方法は、生体系で様々な放射性核種が様々な挙動をするということに基づき、ECRR勧告する重み付け要素から引き出すものである。この方法では、0~100kmの円内で191,986件、外側のドーナツ部で224,623件の余分ながん発症が予測される。恐らくこれらの半分が最初の10年間で発症し、残りは10~50年の間に発症する。  住民がそこに住み続け避難しないと仮定するなら、この第2の方法によるがん発症件数の合計は416,619件であり(訳注:合計すると416,619ではなく実際には416,609となる。)、そのうち208,310件が最初の10年間で発症する。したがって、このふたつの方法は大まかにはよく一致している。
 ICRPの方法では50年間で余分ながん発症は6,158であり、半世紀の間に通常のがんの発症が250万件であると予測されることと比較すれば少ないので、発生したとしてもわかりづらいし、する気になれば統計的には発生していないと否定してしまうこともできる。(青字部修正:11/05/10) 2011年4月1日/4月15日 低レベル放射線キャンペーン(LLRC) 2061年までに福島 200km 圏内汚染地域で417,000件のがん発症が予測される
 | 
<script src="//accaii.com/raycy/script.js" async></script>