Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-04-02

セシウムの体内集積を"蓄積"と表現している例がありました。

15:01

次のサイトで見かけた。さがしたところ、確かにありました。

長期汚染地域の住民のための放射線防護の実用的手引き | 京都大学放射線生物研究センター:

平成23年5月31日

小松賢志(京都大学放射線生物研究センター)

長期汚染地域の住民のための放射線防護の実用的手引き(PDF) http://house.rbc.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2013/12/bougo-tebiki.pdf

Strategies and Guidance for establishing a practical radiation protection culture in Europe in ease of long-term radioactive contamination after a nuclear accident

http://house.rbc.kyoto-u.ac.jp/fukushima-nuclear-accident-inf/tebiki.html

体内へのセシウムの蓄積

摂取により体内に入ったセシウムは消化管ですばやく吸収され、その後、血液を通して標的臓器に向かう。出典:Institut de Protection et de Surete Nucleaire, Le cesium de l' environnrmrnt a l' Homme, Collection IPSN, EDP Sciences 2000.

体内でのセシウムの移動は詳細な統計的モデルから予測できる。出典:Age-dependent doses to members of public from intake of radionuclides(放射性核種摂取による公衆人の年齢依存的線量):Part 1, Publication 56, International Commission Radiological Protection, Annals of the ICRP, vol. 20, No. 2 (1989)

長期汚染地域の住民のための放射線防護の実用的手引き | 京都大学放射線生物研究センター

天然には 存在しない、  自然には 存在しない   とは?

11:26

宇宙にならば 存在する ってこともある。たとえば 超ウラン元素も存在する。

宇宙では 1ないし2ヶ月に1ぺんぐらいのペースで 中性子星衝突が起きているかもしれない。

自然中性子線がふんだんに発せられる時期がしばしばあり、そのときに r過程元素とか呼ばれる重金属貴金属やら超ウラン元素もできるようである。


にもかかわらず、 超ウラン元素(ただし、プルトニウムを除く)は、天然自然には存在しない。としても 間違いとはならないであろう。

前提としてわれわれは 今の地上において を前提しているからであろう。


では プルトニウムはどうか? プルトニウムは 自然には存在しない 天然には存在しない。 ううむ、天然ウラン中に5ppb存在するようなので 存在するといえば存在する。では 超ウラン元素 そのほかには 地上に本当にないのか? 中性子星衝突などにより 飛来する中性子などによって いくらかは できていないともかぎらないのではないか?


もしそうならば、あるないの境目は 存在量微量性希少性の問題となってくるのではないか?

あるかないか どこで線引きするのか?地球地殻に 15ppTrillion程度存在するプルトニウム

で、天然 超ウラン元素(除くプルトニウム)が あるかないか  御存知のかた お教えください。

セシウムの"蓄積"。

10:41


市川定夫氏が カリウムとセシウムの体内挙動が 似ているとしている箇所 など。

08:46

ビデオを文書化して 抜書きしている人の まとめ方が 変な誤解のもとなんじゃなかろうか?


用意、ドン!で等量のカリウム40およびセシウム137摂取し始めた場合、カリウム40の体内量増加曲線とセシウム137の増加曲線とでは セシウムの増加曲線および平衡曲線とでは セシウムが2ないし3倍 上で平衡することになるであろう。

だか これをもって カリウム40は蓄積しない セシウム137は蓄積する と語り分けるのが適切かどうか。


セシウムヨウ素 ストロンチウムは それぞれ 多少 語り分けられる必要があろう。

放射能はいらない 市川定夫 - YouTube:

タイム内容
8分あたり 成人の感受性に対して 子供が10倍、乳児から妊娠後期の胎児が100倍、妊娠初期は流産が増え 結果として100倍以下程度。
9分19秒 炉の中でつくられるのが、ヨウ素131を100とするとセシウム137が7ストロンチウム90が6
11分前後生物学半減期の表の値が ストロンチウムプルトニウムのが どちらも 今の値よりは長いような   
12分あたりヨウ素131 チェルノブイリの日本で 370ベクレル
13分30秒辺りヨーロッパ4月28日から。8日で半分 日本では5月3日から降り始めてピーク5月6日、5月22日で測定打ち切り
19分野菜牧草へ○日遅れ。牛乳にはさらに3日遅れ。
24分ストロンチウムカリウム40(一万分の一)の違い。
27分ラップランドの人のストロンチウムが上昇 ウイーンの人も上昇
28分お茶 ナッツ 果樹の果実 ジュース ジャム マーマレード
31分彼らはわかっているものについては評価している。わかっていないものについては一切除外しているからね。
49分

長い 生命史、人類史 そして現下 自然放射製物質体内平衡レベル に 上乗せされる 放射性セシウム等 人工放射能による体内放射線被曝レベル。

08:43

環境 呼気 食物  これらの入力レベル。 そして 排出 。で  体内滞留レベル 蓄積レベル。

生命進化と地球活動の関係(生命と地球の共進化) - 生物史から、自然の摂理を読み解く:投稿者 iwaiy | 2011-04-07

http://www.seibutsushi.net/blog/wp-content/uploads/tikyuutoseimeisinka02.jpg

生命進化と地球活動の関係(生命と地球の共進化) - 生物史から、自然の摂理を読み解く

2012年06月14日 原発短信・・・医療被曝の問題 : 武田邦彦 (中部大学):

このブログに前に出した「被曝の4階建て」の図はそれぞれの被曝の幅が少し厳密ではなかったので、今回は自然被曝1.5ミリ、医療被曝2.2ミリ、核実験被曝0.3ミリ、そして原発被曝1.0ミリの寸法を数値に合わせています.

原発短信・・・医療被曝の問題 : 武田邦彦 (中部大学)
正しく4階建てを理解する・・・「足し算」をして子供を守ろう : 武田邦彦 (中部大学)
「被曝の4階建て」の図 (2012年06月14日版)。  (旧版は2012年04月18日、2ヶ月ほど古い。) - 核 - nuke

野焼きとセシウム

08:31

「まぁ普通に燃やしてますが」←こりゃ、いかんでしょう。まず東電かな あるいは行政が国 回収車を回すべきでしょう。ほっとかれているぐらいなら 公的資金を投入してでも。

前立腺肥大症者にみられたチェルノブイリ膀胱炎

08:30

調査対象者が 前立腺肥大症者を中心とする 泌尿器科への外来者であったためなのであろう、、残尿が長期滞留していたために 膀胱炎として発症したのではないか との説をみかけた。

チェルノブイリ膀胱炎物語-福島原子力発電所の災禍を前にして思う-

化学生物総合管理 第7巻第2号(2011.12) 56-57頁受理日:2011年12月25日

【巻頭言】チェルノブイリ膀胱炎物語-福島原子力発電所の災禍を前にして思う- 福島昭治 中央労働災害防止協会

日本バイオアッセイ研究センター

http://www.cbims.net/doc/pdf/%20filename=7_56.pdf


しかし、ここで言えることは我々の検索症例前立腺肥大症の患者の膀胱であること、

したがって膀胱に尿の貯留、停滞があり、

おそらく膀胱粘膜上皮と粘膜固有層が絶えず低線量の137Csに暴露されているだろう、

さらに病理組織像が極めて特異的で、他の要因によるとは考えられないことなどを挙げることができる。

放射線の影響が ないというわけではなく、相乗効果ということになろうか。

ビデオを通してみれば市川定夫氏もセシウム137の挙動を、ヨウ素131やストロンチウム90らの濃縮と同列には表現しておらず区別しているのがわかる。セシウムの挙動を カリウムと同じような経路を通る だが体内半減期が約3倍程度としている。 ただし、バンダシェフスキーによれば、放射性セシウムが心筋に悪影響を与えるとされる。前立腺肥大症者へのチェルノブイリ膀胱炎発症が報告されている。

08:08

この"おさらい"の まとめ方には いささか問題があると思う。

カリウム40と等量のセシウム137を継続的に摂取した場合には、体内半減期の差で、セシウム137体内滞留レベルはカリウム40比べて倍以上ぐらいの定常レベルで平衡することにはなろう。これを 濃縮と呼ぶのは いかがか。せいぜい蓄積まで。 普通には 滞留ということになろうか。 

セシウム137は 摂取量を減らすことによって、数ヶ月遅れで 体内滞留量レベルを減らせることが、ヨウ素131やストロンチウム90 またプルトニウムとの大きな違いであろう。 


ただし、バンダジェフスキーの心筋への影響説を採る ということならば 話は多少違ってくるのかもしれない。


 |