Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-04-04

新図 旧図

20:47

新図

旧図

放射線に健康増進的なホルミシス効果があるってことになってくれれば、原発放射能放出企業側にとって都合のよい研究ということになろうが。実際 効果 あるような…。整序効果かな… ストレス与える感じもあるな、、

17:44

原子力災害専門家グループ

原子力災害専門家グループ | 東電福島原発・放射能関連情報 | 首相官邸ホームページ

日本の生物学者、放射線ホルミシス研究者

日本保健物理学会・国際対応委員会 委員長、日本放射線影響学会・UNSCEAR等 対応担当幹事 および 国際委員会 委員長ICRP 第5専門委員会 委員、内閣府 原子力安全委員会 専門委員、医療放射線防護連絡協議会 顧問 などを歴任NPO法人放射線教育フォーラム理事。

独立行政法人 放射線医学総合研究所は2006年にIAEAの協力センターに認定され、酒井は、2010年に放医研ワークショップIAEA協働センターとしての研究活動について講演を行った。

福島第一原子力発電所事故を受け、日本学術会議東日本大震災対策委員会放射線の健康への影響と防護分科会・特任連携会員 および 首相官邸原子力災害専門家グループの一員を務めている。

被爆体験者訴訟被告側証人

Wikipedia contributors. "酒井一夫." Wikipedia. Wikipedia, 8 Jan. 2015. Web. 4 Apr. 2015.

酒井一夫 - Wikipedia

2015年4月4日取得

【lecturer】酒井 一夫 | イザナイハグクミ「被ばくの瞬間から生涯」を見渡す放射線生物・医学の学際教育

2011年3月11日の悲惨事故の前から 日本は 人工放射線被曝”地域”というか お国柄だったのだが、、

16:48

なぜならば 世界的に見て 医療診療被曝放射線量が自然量の2倍ほどで それにより 世界平均を上回る被曝量を浴びていたのだから。

1mGyの寄与分を明らかにするために 必要なサンプル数6000万人以上!!

16:42

16:35

人工追加被曝線量は 放射性降下物物 ヨウ素131 セシウム134,137 ストロンチウム90などによるもの。

100mSv未満、じゃあ どう予測する? ゼロ! なぜなら できない キリッ。

14:22

LNT仮説は予測には使えない、ALARA原則とセットで意味を持つ

[ 2013/09/30 (月) ]

単独化、および、PKAnzug先生のTogetterコメントを追記。2013/9/30

初回公開日:2013/02/04(他エントリーの一部として)



ICRPの説明から (低線量被ばくのリスクからがん死の増加人数を計算することについて(原子力安全委員会事務局2011/9/8))

チェルノブイリ事故によって低線量の放射線を被ばくした集団における影響の絶対数を予測するためにモデルを用いることは、その予測に容認できない不確かさを含むので、行わないと決定した。(UNSCEAR 2008 Report Vol.2, Annex D.)

集団実効線量は疫学リスク評価の手段として意図されておらず,これをリスク予測に使用することは不適切である。長期間にわたる非常に低い個人線量を加算することも不適切であり,特に,ごく微量の個人線量からなる集団実効線量に基づいてがん死亡数を計算することは避けるべきである。(ICRP Publication 103 P13 (K))

疫学的研究の手段として集団実効線量を用いることは意図されておらず,リスク予測にこの線量を用いるのは不適切である。その理由は,(例えばLNT モデルを適用した時に)集団実効線量の計算に内在する仮定が大きな生物学的及び統計学的不確実性を秘めているためである。特に,大集団に対する微量の被ばくがもたらす集団実効線量に基づくそのような計算は,意図されたことがなく,生物学的にも統計学的にも非常に不確かであり,推定値が本来の文脈を離れて引用されるという繰り返されるべきでないような多くの警告が予想される。このような計算はこの防護量の誤った使用法である。

ポストさんてん日記 LNT仮説は予測には使えない、ALARA原則とセットで意味を持つ

http://www.icrp.org/docs/ICRP_Publication_103-Annals_of_the_ICRP_37%282-4%29-Free_extract.pdf

(e) An understanding of the health effects of ionising radiation is central to the

Commission’s Recommendations. Following a review of the biological and epidemiological

information on the health risks attributable to ionising radiation, the

Commission has reached the following conclusions. The distribution of risks to

different organs/tissues is judged to have changed somewhat since Publication 60,

particularly in respect of the risks of breast cancer and heritable disease. However,

assuming a linear response at low doses, the combined detriment due to excess

cancer and heritable effects remains unchanged at around 5% per Sv. Embodied

in this current estimate is the use of a dose and dose-rate effectiveness factor for

solid cancers which is unchanged at a value of 2. The Commission also judges

that, following prenatal exposure, a) cancer risk will be similar to that following

irradiation in early childhood and b) threshold dose exists for the induction of

malformations and for the expression of severe mental retardation. The Commission

has retained the effective dose limits and the equivalent dose limits for the

skin, hands/feet, and eye given in Publication 60 but recognises that further information

is needed and revised judgements may be required particularly in respect of

the eye. The available data on possible excess in non-cancer diseases (e.g., cardiovascular

disorders) are judged to be insufficient to inform on risks at low doses.

14:07

子どもの頃 外遊びしないほうでしたか?

13:47

子どもの頃 外遊びしないほうでしたか?

IPPNW

12:23

国際核戦争防止医師会議(IPPNW)の、社会的責任を果たす医師団(米国支部:PSR)とIPPNWドイツ支部を含む19ヶ国支部の医師らは、UNSCEAR報告書の批判文書[ii]を作成・発行・公表し、UNSCEARによって使われた仮定とデータ、そしてそれから帰結した解釈と結論に疑問を呈した。この批判文書は、UNSCEARが福島災害による健康影響をどのように系統的に過小評価し、軽視したかを論証している。

Nothing found for Activity Topic 4Unscear

概要

I) はじめに

II) UNSCEAR報告書の同意点

  1. 日本全体の集団実効線量を計算したこと
  2. 避難区域外と近隣県での放射線被ばく量を推定したこと
  3. 過去に報告されたよりもはるかに大きな海洋放出量に言及したこと
  4. フクシマ大惨事が単一の事象でなく進行中のプロセスであると正確に描写していること

III) 批判の主要点

  1. UNSCEARのソースターム推定値の妥当性は疑わしい
  2. 内部被ばく量の計算に大きな懸念がある
  3. フクシマ作業員らの線量評価は信用できない
  4. UNSCEAR報告書は、フォールアウトの人間以外の生物相への影響を無視している
  5. 胎芽の放射線への特別な脆弱性が考慮されていない
  6. 非癌疾患と遺伝的影響はUNSCEARに無視されている
  7. 核フォールアウトと自然放射線との比較は誤解を招く
  8. UNSCEARのデータ解釈には疑問がある
  9. 政府によって取られた防護措置が誤って伝えられている
  10. 集団線量推計値からの結論が提示されていない
    • 全癌症例
      • 集団線量推計値の48,000人・シーベルトと上記のリスク係数を合わせると、日本のフクシマ原子力災害による将来の癌症例の過剰発生は4,300〜16,800件となり、癌死の過剰発生は2,400〜9,100件となる。UNSCEARは、この数字を取るに足らないと言うかもしれない。そして、日本での癌のベースライン発症率が比較的高い(年間約630,000件の癌が新たに診断される)ことclxを考慮すると、4,300〜16,800件のフクシマ由来の癌が過剰発生しても、日本の疫学統計では明らかにならないかもしれないと見なすこともできる。しかし、個人の観点から見れば、癌の症例はそのどれもがひとつでも多過ぎるのであり、そして我々医師は、癌がその人の身体的および精神的健康、そして家族全体の状況にもたらす悲劇的な結果を知っている。原子力災害の場合、このような癌症例の過剰発生は、予防可能であるとともに人為的に引き起こされた疾患を表すものであり、公衆衛生機関は特に注意を払うべきである。
    • 甲状腺放射線被ばく
      • このリスク係数と集団甲状腺吸収線量推計値の112,000人・グレイを合わせると、日本のフクシマ原子力災害による将来の甲状腺癌の過剰発生は、1,016件となる。この数値が、UNSCEARの言い分である甲状腺癌の「識別可能な発症率の増加clxxiv」にならないとしても、我々医師にとっては、小児がほとんどであるその1,000人以上の人たちに対し、複数の炉心溶融、コーディネートされなかった避難安定ヨウ素剤の配布の不履行、そして放射能汚染リスク隠蔽され続けたことが直接的結果として引き起こした甲状腺癌なのだろうということを意味する。
      • 米国放射線防護測定審議会(NCRP)は、放射線由来の甲状腺癌の7%は致死的であると見積もっているclxxv。これは、約1,000件の甲状腺癌の過剰発生数のうち、70人が死亡するだろうと言うことになる。致死的でない症例でも相当な入院に至るかもしれなく、そのQOL損失は十分に評価することができないが、それもまた考慮されなければいけない。

IV) 結論

Fukushima Voice version 2

日本語版翻訳スタッフは 100mSvを閾値として予測しとくのが妥当とする立場って表明・宣言・白状してるぎみのような。 被害予測において LNT仮説ではなくて 100mSvを閾値とし その内側は被害ゼロにしたいという願望が あるかな。

10:49

少なくとも、 被害予測に関しては LNT仮説は不採用で、 100mSvを閾値とし、その内側は被害ゼロ予測ってことですかね。UNSCEAR2013だか2014予測では。

瀬川嘉之さん「UNSCEAR と WHO の 報告書について」 - Togetterまとめ
中間とりまとめに見られる改変劣化って UNSCEAR→日本語版変換時?  WHO→UNSCEAR取り入れ時? - 核 - nuke

http://www.unscear.org/docs/reports/2013/14-06336_Report_2013_Annex_A_Ebook_website.pdf

pp.249-250

E19. The WHO made the following main assumptions in its estimation of cancer risks [W12] (the

Committee’s remarks on those assumptions follow each one below):

  • (a) A linear non-threshold (LNT) dose–response model for solid cancer and a linear-quadratic non-threshold dose–response model for leukaemia. While the Committee noted that these models had been used for radiation protection purposes [I21], it also noted that the current state of knowledge on the risk of cancer from doses of the order of 100 mSv or less was quite limited, although some but not all data were compatible with the risks of cancer from such doses not being seriously underestimated by the LNT model. The Committee has previously decided not to use models to project absolute numbers of health effects among populations exposed at such levels, because of large and unavoidable uncertainties in the predictions (annex D to [U12]).
  • (b) A dose-and-dose-rate effectiveness factor (DDREF) of one. This is not incompatible with the Committee’s estimates of cancer risks after doses of 0.01, 0.1 and 1.0 Sv delivered acutely [U9, U11], with recent results for solid cancer in the Life Span Study (LSS) of Japanese survivors exposed as a result of the atomic bombings at Hiroshima and Nagasaki [O8], or with a metaanalysis of low-dose-rate, moderate-dose exposures [J2]. In contrast, experimental evidence indicates values of DDREF greater than one for high-dose exposures at low dose rate [I21, U5].
  • (c) An onset of increased cancer risk from irradiation after minimum latency periods of 2 years for leukaemia, 3 years for thyroid cancer, and 5 years for breast cancer and all solid cancers combined. WHO assumed values for minimum latency period that are shorter than those from previous reviews of the literature by the Committee [U9] and represent a cautious assumption. Because radiation risks are not expected to be fully expressed already at the presumed minimum 250 UNSCEAR 2013 REPORT latency period, the WHO assumption, in general, leads to a slight overestimation of the cancer risk for the first decade after exposure. For longer time periods the impact is negligible.
  • (d) Risk models derived from the LSS cohort of survivors of the atomic bombings in Japan. The WHO justified its choice of risk model by the general consistency of LSS risk estimates (which are themselves based on a Japanese population) with those found in populations exposed to protracted exposures, and with populations exposed during childhood or adolescence to radioiodine released after the Chernobyl accident, although there is inevitably some uncertainty about the level of consistency.
  • (e) Weights assigned to additive and multiplicative models in the transfer of LSS risk functions to the populations in Fukushima Prefecture. For leukaemia and all solid cancers, WHO gave equal weight to these two models of transfer, because the true interaction of radiation exposure with other causes of cancer is not generally known. For breast cancer, the WHO used an additive model because a pooled study had shown a smaller variability of excess absolute risk estimates than excess relative risk estimates [P14]. The choices made for all solid cancers and breast cancer were broadly consistent with assumptions made by ICRP, BEIR VII and USEPA, although there is less consensus for leukaemia [E2, I21, N22]. However, these organizations have proposed a multiplicative risk transfer model for thyroid cancer. WHO justified their choice of assigning equal weight for additive and multiplicative models by comparing the LSS results with data from studies after the Chernobyl accident. In past reviews, the Committee had applied additive and multiplicative models separately in order to assess the implications of the mode of transfer [U9]. The choice of model, although relevant because the population of Fukushima Prefecture has some different characteristics from the population exposed to radiation from the atomic bombings, was less important because the transfer was from one exposed Japanese population to another, rather than to another population of different ethnicity.

中間とりまとめに見られる改変劣化って UNSCEAR→日本語版変換時?  WHO→UNSCEAR取り入れ時?

10:17

一都三県への影響はどうなんだ?  県境で切れてしまっている、、山形新潟側も。  まあ、元データのマップにもかかれてないしなあ、、

瀬川嘉之さん「UNSCEAR と WHO の 報告書について」 - Togetterまとめ

10:06

日本版が2014年4月第2週以降に出てるようなのだが、、

| 08:45

http://www.unis.unvienna.org/pdf/audio/2014/UNSCEAR_briefing_2_April_2014.mp3

Press briefing on the UNSCEAR report on Fukushima radiation exposure
UNSCEAR Press Briefing - 2 April 2014 - 核 - nuke
  • データは主に日本側が提供 3分30秒辺り
  • 一般事項は 一昨年2014年10月発表済み。 3分55秒あたり
  • 今回はデータ 昨2014年4月2週以降にアップ。日本語訳は それに続くことになる。 4分15秒辺り
 | 
<script src="//accaii.com/raycy/script.js" async></script>