Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-04-04

IPPNW

12:23

国際核戦争防止医師会議(IPPNW)の、社会的責任を果たす医師団(米国支部:PSR)とIPPNWドイツ支部を含む19ヶ国支部の医師らは、UNSCEAR報告書の批判文書[ii]を作成・発行・公表し、UNSCEARによって使われた仮定とデータ、そしてそれから帰結した解釈と結論に疑問を呈した。この批判文書は、UNSCEARが福島災害による健康影響をどのように系統的に過小評価し、軽視したかを論証している。

Nothing found for Activity Topic 4Unscear

概要

I) はじめに

II) UNSCEAR報告書の同意点

  1. 日本全体の集団実効線量を計算したこと
  2. 避難区域外と近隣県での放射線被ばく量を推定したこと
  3. 過去に報告されたよりもはるかに大きな海洋放出量に言及したこと
  4. フクシマ大惨事が単一の事象でなく進行中のプロセスであると正確に描写していること

III) 批判の主要点

  1. UNSCEARのソースターム推定値の妥当性は疑わしい
  2. 内部被ばく量の計算に大きな懸念がある
  3. フクシマ作業員らの線量評価は信用できない
  4. UNSCEAR報告書は、フォールアウトの人間以外の生物相への影響を無視している
  5. 胎芽の放射線への特別な脆弱性が考慮されていない
  6. 非癌疾患と遺伝的影響はUNSCEARに無視されている
  7. 核フォールアウトと自然放射線との比較は誤解を招く
  8. UNSCEARのデータ解釈には疑問がある
  9. 政府によって取られた防護措置が誤って伝えられている
  10. 集団線量推計値からの結論が提示されていない
    • 全癌症例
      • 集団線量推計値の48,000人・シーベルトと上記のリスク係数を合わせると、日本のフクシマ原子力災害による将来の癌症例の過剰発生は4,300〜16,800件となり、癌死の過剰発生は2,400〜9,100件となる。UNSCEARは、この数字を取るに足らないと言うかもしれない。そして、日本での癌のベースライン発症率が比較的高い(年間約630,000件の癌が新たに診断される)ことclxを考慮すると、4,300〜16,800件のフクシマ由来の癌が過剰発生しても、日本の疫学統計では明らかにならないかもしれないと見なすこともできる。しかし、個人の観点から見れば、癌の症例はそのどれもがひとつでも多過ぎるのであり、そして我々医師は、癌がその人の身体的および精神的健康、そして家族全体の状況にもたらす悲劇的な結果を知っている。原子力災害の場合、このような癌症例の過剰発生は、予防可能であるとともに人為的に引き起こされた疾患を表すものであり、公衆衛生機関は特に注意を払うべきである。
    • 甲状腺放射線被ばく
      • このリスク係数と集団甲状腺吸収線量推計値の112,000人・グレイを合わせると、日本のフクシマ原子力災害による将来の甲状腺癌の過剰発生は、1,016件となる。この数値が、UNSCEARの言い分である甲状腺癌の「識別可能な発症率の増加clxxiv」にならないとしても、我々医師にとっては、小児がほとんどであるその1,000人以上の人たちに対し、複数の炉心溶融、コーディネートされなかった避難安定ヨウ素剤の配布の不履行、そして放射能汚染リスク隠蔽され続けたことが直接的結果として引き起こした甲状腺癌なのだろうということを意味する。
      • 米国放射線防護測定審議会(NCRP)は、放射線由来の甲状腺癌の7%は致死的であると見積もっているclxxv。これは、約1,000件の甲状腺癌の過剰発生数のうち、70人が死亡するだろうと言うことになる。致死的でない症例でも相当な入院に至るかもしれなく、そのQOL損失は十分に評価することができないが、それもまた考慮されなければいけない。

IV) 結論

Fukushima Voice version 2
 | 
<script src="//accaii.com/raycy/script.js" async></script>