Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-09-08

2011年6月14日時点、セシウム134が70% 137が30% 他が1%以内。(ここに 他とは、計測項目に入っているヨウ素131 テルル129m  銀110m。(この5核種の他は 計上してなさげ))

01:21

第11回原子力委員会資料第1号

平成24年3月13日

東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故に伴い放出された 放射性物質の分布状況等に関する調査研究結果」の簡略版について

文部科学省 原子力災害対策支援本部

農林水産省 農林水産技術会議事務局



1.放射線量等分布マップの作成等に関する報告書 (報告書第 1 編)



http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2012/siryo11/siryo1.pdf#4

(2) 土壌濃度マップの作成結果及び考察

1) ガンマ線放出核種の土壌濃度マップの作成結果及び考察

○採取した約 11,000 個の土壌試料について、Ge 半導体検出器を用いてセシウム 134(図 3参照)、セシウム137(図4 参照)、ヨウ素 131(図 5 参照)、テルル129m(図 6参照)、銀 110m(図7 参照)の五つのガンマ線放出核種の沈着量(単

位面積当たりの放射能量)を求め、GPS情報を基に、各放射性核種の土壌濃度マップを作成した。

http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2012/siryo11/siryo1.pdf#16

4) ガンマ線放出核種による平成 23 年 6 月 14 日時点の空間線量率、及び平成 23年6月14日からの 50 年間積算実効線量への寄与度合い

〇本調査箇所のうち、空間線量率が 0.1~5μSv/h の範囲であり、空間線量率と放射性核種ごとの沈着量から評価した空間線量率が比較的良く一致する 43 箇所を選定し、IAEA提案している緊急事態時の被ばく評価方法(IAEA-TECDOC-1162)の線量換算係数を用いて、平成 23 年 6 月 14日時点での空間線量率へのガンマ線放出核種ごとの寄与度合いを評価した。その結果、調査時点での空間線量率へのガンマ線放出核種ごとの寄与度合いは、セシウム 134 が約70%、セシウム 137 が約 30%を占め、ヨウ素 131、テルル 129m、及び銀 110m の寄与は 1%以内であることが確認された。

〇また、これらのガンマ線放出核種について 50 年間積算実効線量への寄与度合いを評価したところ、セシウム 137が全体の約 96%、セシウム 134 が約 4%、その他の核種の寄与は1%以下であることが確認された。

 | 
<script src="//accaii.com/raycy/script.js" async></script>