Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-09-17

岩見,笹井,永田「原子力災害対策本部によれば、福島原発から放出されたセシウム 134 とセシウム 137 のベクレル比は 175.3:153 である」

10:19

EPAモデル 原子力災害対策本部によれば、福島原発から放出されたセシウム 134 とセシウム 137 のベクレル比は 175.3:153 であるので[6]、これをセシウム半減期で補正して、2011 年 6 月 20 日 時点のベクレル比に改めると、Cs134:Cs137 =160:152 である。したがって、総セシウム濃度 17.25 KBq/kg は、Cs134 が 8856Bq/kg、Cs137 が 8394 Bq/kg に相当する。表 2の係数を乗じて合計すると、 87.8 8856 10­6 + 31.9 8394 10­6 = 1.046μSv/h となり、5%以内の差で文科省の関係式と一致している。このことは、EPA モデルの妥当性と、セシウムの地表 および地下での分布が文科省調査時、土中深さ 1cm までの均等分布と同等であったことを示している。 EPA レポートには、空気や水に放射性物質が分布するときの実効線量当量率係数も算出され表にまとめられて おり、日本国内での活用が現在以上にされるべきであろう。

140629 第5回放射能ゴミ焼却を考える学習会 永田文夫さん資料?岩見論文1?5要点メモ

http://sanriku.my.coocan.jp/model4.pdf

[6]原子力安全保安院. 放射性物質放出量データの一部誤りについて

www.meti.go.jp/press/2011/10/20111020001/20111020001.pdf

岩見,笹井,永田「はじめに。 環境中の放射性物質濃度と空間線量率の関係を簡便に求める方法は、福島第一原発事故後、 国民的必要である。20March2014」 - 核 - nuke
 |