Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-09-21

松崎道幸様。3%の癌死率増加について。 上乗せ増加ならば従来100mSvで0.5は たとえば30%+0.5で30.5% 

13:59

私の誤解であった との線で 解決しそう…

お騒がせいたしました。貴文書「10ミリシーベルトでも危険」等を読み進めば私の頭の混乱、収まるかもしれません。 - 核 - nuke


3%の癌死率増加について。 上乗せ増加ならば従来100mSvで0.5は たとえば30%+0.5で30.5% 

前略

脱被ばく実現ネット(旧ふくしま集団疎開裁判の会): 【報告】1.24松崎道幸医師講演会被曝の影響はここまで?!」の講演資料

https://twitter.com/raycy/status/645726601565487104

 等にて、追加 勉強させていただいております。

ところで、途中経過をば。同上資料の

スライドNo

一点目

62/128、 1000mSvで50%の癌死リスク増加ですが、従来は 1000mSv=1Svで致死確率5%増加とされてきたのでは?

参考例:「

http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/details/cancerRiskSupp.html

ICRP 勧告によるガンのリスクについての「公式の考え」では、

100 mSv の緩慢な被ばくで、生涯のガンによる死亡のリスクが 0.5 パーセント上乗せされる(ガンによる死亡率がもともと 25 パーセントだったとしたら、 25.5 パーセントになる)

とされている。 」


二点目

124/128: 10mSvの追加被曝で 癌致死確率に3%追加増があるとすれば

125/128: 貴殿計算では コントロール30%×7.5~15%で 100人中2.5~5%追加で増えるとなっているが、

従来計算では 0.5%癌死が増えるというのは コントロール30%+0.5%=30.5%と計算・表示されており、貴殿の計算とは 増加リスクが対象とする母数が違う。(約3倍 あるいは三分の一か)

参考例

http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/etc/uploads/9114660fe5fd0be34a9fff0914fc4abe.pdf#17

http://nuke.g.hatena.ne.jp/raycy/20150920/1442776767

http://raycy-japan.blogspot.jp/2015/09/blog-post_20.html

以上 ちょっと疑問に感じていることです。

草々

 |