Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-10-20

RIクリアランス報告書 放射線障害防止法へのクリアランス制度の導入に向けた技術的検討結果について

20:48

RIクリアランス報告書

放射線障害防止法へのクリアランス制度の導入に向けた技術的検討結果について

表 3.19 RI 汚染物に対する一括クリアランスを想定した場合のクリアランスレベルの算出結果

No.核種濃度埋設処分
金属、コンクリート、可燃物
決定経路
25 Cs-134 3.2E+00 操業(埋立-外部)
26 Cs-137 7.5E+00 操業(埋立-外部)


表 3.20 RI 汚染物に対する個別クリアランスを想定した場合のクリアランスレベルの算出結果

No.核種濃度埋設処分
金属、コンクリート、可燃物
決定経路
38 Cs-134 6.3E+00 操業(埋立-外部)
39 Cs-137 1.5E+01 操業(埋立-外部)
放射線障害防止法へのクリアランス制度の導入に向けた技術的検討結果について(第2次中間報告書):文部科学省
放射線障害防止法へのクリアランス制度の導入に向けた技術的検討結果について(第2次中間報告書)(平成24年3月27日 一部訂正):文部科学省

100,000Bq/kg for 10μSv/年を下回る 周辺住民 | 8,000Bq/kg for 1mSv/yearを越えない 埋立作業者 .

20:48

Sasayama's Watch & Analyze » 環境省が震災ガレキの広域処理の基準としている「1kgあたり8000ベクレル以下埋立処分可」の数字はどこからでてきているのか?
http://nuke.g.hatena.ne.jp/raycy/20151020/1445340994

www.mlit.go.jp/common/000147621.pdf#5


2「低レベル放射性固体廃棄物の埋設処分に係る放射能濃度上限値について」(平成19年5月21日原子力安全委員会)に基づき、操業中のスカイシャインの影響を評価した。

http://www.mlit.go.jp/common/000147621.pdf#6

(処分)

(6)134Cs及び137Csの合計の濃度が100,000Bq/kg以下3の脱水汚泥等について、跡地を居住等の用途に供しないこととした上で長期的に適切な措置を講じる条件下で埋立処分した場合、跡地からの周辺住民の被ばく線量が年間10μSvを下回るとの試算が得られている。一方、個々に条件が異なる埋立処分された場所については長期的な管理が必要であり環境保全のあり方について検証が必要なことに鑑み、当面、134Cs及び137Csの合計の濃度が8,000Bq/kg以下4の脱水汚泥等については、跡地を居住等の用途に供しないこととした上で、土壌層の設置、防水対策等の適切な対策を講じた埋立処分を可能とする。


3 RIクリアランス報告書を基に、跡地を居住等の用途に供しないこととした場合に周辺住民の受ける線量が10μSv/年以下である放射能濃度を評価した。

4 RIクリアランス報告書を基に評価した結果、埋立作業者が受ける線量が1mSv/年を超えないとの試算が得られている放射能濃度である。

報道発表資料:放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取扱いに関する考え方について - 国土交通省

RIクリアランス報告書 放射線障害防止法へのクリアランス制度の導入に向けた技術的検討結果について - 核 - nuke

20:36

2011年6月16日

「1kgあたり8000ベクレルまでは制限なしに埋め立て可能」の語句が、3.11以降、最初に現れたのは2012年6月16日原子力災害対策本部の「放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取扱いに関する考え方」である。

ここにおいては以下のように書かれている。

「下記の表に従って、をとることを前提に、通常時に脱水汚泥等を埋立処分している管理型処分場の埋立敷地内等に仮置きすることができる。なお、固化、希釈等により、脱水汚泥等の134Cs及び137Csの合計濃度が低下した場合には、低下後の濃度で評価する」

そして、その下に「表」として次のように書かれている。

「134Cs及び137Csの合計-8,000Bq/kg以下 敷地境界からの距離の目安–制限なし」

つまり、セシウム134とセシウム137との合計のベクレル値が8,000Bq/kg以下の場合には、通常時に脱水汚泥等を埋立処分している管理型処分場の埋立敷地内等に仮置きしても、敷地境界からの距離をとる必要が無い、と書いてあるのだ。

そして、付記として、次のような記述がある。

放射性セシウムの濃度が高い脱水汚泥(目安として500,000Bq/kg1を超えるもの)の数値「500,000Bq/kg1を超えるもの」の根拠は「原子力安全委員会の考え方を踏まえた既存の廃棄物に関する被ばく評価である「放射線障害防止法へのクリアランス制度の導入に向けた技術的検討について」(文部科学省 放射線安全規制検討会クリアランス技術検討ワーキンググループ、平成22年1月以下「RIクリアランス報告書」という。)を基に評価

「134Cs及び137Csの合計」と「敷地境界からの距離の目安」との関係の根拠は「「低レベル放射性固体廃棄物の埋設処分に係る放射能濃度上限値について」(平成19年5月21日原子力安全委員会)に基づき、操業中のスカイシャインの影響を評価した。」

とある。

Sasayama's Watch & Analyze » 環境省が震災ガレキの広域処理の基準としている「1kgあたり8000ベクレル以下埋立処分可」の数字はどこからでてきているのか?

SPEEDIの逆襲?

15:33

広域災害により

  • 各センサーの電源が落ち
  • 通信が途絶え
    • 炉内状況
    • 放出核種情報はもちろん
    • 風速風向
    • 降雨情報など
  • 情報欠損・欠落が複数生じる中

それでも情報を整理する役は 人間業単独よりは マシかもしれない…どうだろう?

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151020_63063.html

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201411/20141125_61036.html

no title

SMR B&W

10:12

 |