Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2015-11-20

水谷 宏氏のクラーク論文の受けとめ 抜書き。 (原論文の当該箇所がどこなのか 捜索中)

01:58

クラーク論文の大塚訳へhttp://nuke.g.hatena.ne.jp/raycy/20151104/1446653300

クラーク論文を読んで 水谷 宏 松山赤十字病院中央放射線

放射線防護分科会会誌 (10), 26-28, 2000-04-06


ICRPの委員長であるRogerClarkeは論文’°Control of low−level radiation exposure ; time for a change?”を公開して広く意見を求めている.


 そこで,クラーク論文では,現時点での証拠を勘案すれば,最低の線量からすでに障害を伴う可能性を持つと仮定する方を支持している,そして,アボトーシスや細胞監視機構や免疫や適応反応はすべて本当であるが,それらは恐らく閾値を構成するのではなくて,線量・反応曲線の形を変えることになると述べ,現時点では閾値なしの直線仮説を支持するとしている.さらに,閾値を攴持している人たちは,原子力施設(占い原子炉や兵器製造工場)の廃止措置に関して,残留汚染を低レベルに抑えるには,あまりにも出費が大きすぎるため,出費を抑えるために,線量一反応関係に閾値があるとi三張していると批判した.


 クラーク論文ではふつう容認(tolerate)されるであろう最大の制御可能な線量は20〜30mSvの範囲であり,それは毎年続けて受けることが許されるとしている.このオーダーの被曝による個人のリスクの大きさは,万に一つであるが,一般にこのレベルを超えるべきではないとしている.このレベルをはっきりと超えるような線量は,制御できない事故状態とか,救命のための医療行為に限られる.このf直は,線量限度ではなく対策レベル(actionlevel)と呼ばれる

CiNii 論文 -  クラーク論文を読んで
 |