Hatena::Groupnuke

犀 2 Tw 霊際 KY Q Oj r S m p mh © C Pj Pe()
一覧 近コメ 近トラ SI 広島長崎原爆の威力、それぞれ67, 88TJ(TNT 16, 21kt) asking QLOOKアクセス解析
 | 

2016-01-06

温存されてきた2号機の揮発性核種は、3月14日21時ごろに ついに揮発するに至り、SR弁を開けるたびに 既にシールの緩んだ格納容器から漏出することとなった...のかな... 水が無くなってドライになったから?

| 02:43

昨12月資料により、

2号機からの放出が、3月14日21時頃から3度行われたSR弁からの注水、その前に弁を開けるごとに、原子炉内ガスが格納容器に放出されたとされる。格納容器の機密性は失われており、注水のつど、原子炉内ガスが格納容器にそして大気へと放出されたとされる。14日22時頃、15日零時頃、1時半ごろ

http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu15_j/images/151217j0102.pdf

20160106114801

http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu15_j/images/151217j0130.pdf#2

福島原子力事故発生後の詳細な進展メカニズムに関する未確認・未解明事項の調査・検討結果「第4回進捗報告」について|東京電力
2号機のSR弁からの注水前の減圧で3山? 原子炉→格納容器→シール部から漏出 - 核 - nuke

また、燃料の損傷も このころから始まったようであり、燃料温度が上昇して、温存されてきた揮発性核種が 比較的フレッシュな状態で発生してたのではなかろうか...

というか、空焚き状態が 18時から21時(~23時)ぐらいまでは あったような...




3号機のベントは3回目からは 怪しく、その後はベントでなく、格納容器のシールからの漏出によるとされる。

すると、やはりD/Wの圧力の低下が著しいときに漏出量が大となる。

1号機、3号機の格納容器の圧力が高まった時期は14日以前にあり、揮発分の多くは、すでに排気塔からベントされ済みであったかもしれない。

 |